2007年12月、大久保混声とガイアのメンバーが居酒屋の席で「少人数アンサンブルがしたい!」と意気投合、それをきっかけに編成されたアンサンブルグループです。でも当初のメンバーとはずいぶん入れ替わりました。元大久保、元ガイアの団員は数人います。

結成のきっかけになった居酒屋「中の濱」のイタリア語が、名称の Spiaggia Cengrale です。スピアッジア チェントラーレ、と読みます。それを省略し、通常は「Spia(スピア)」と読んでいます。

春こん。やその他のコンテスト、イベントを中心に、季節的に集まっていましたが、作曲家安藤寛子さんの作品を歌うようになったことと、代表がバルト三国に行くようになったことなどもあり、「国内外の珍しい曲、あまり歌われていない曲、若手作曲家の曲を選曲、それらを広めるための手段として完成度高く精錬しコンクール等で発表」することを目標にコンクール・イベントに参加しています。

この活動の延長として、代表がリトアニアでMiela Harmonijaを設立し、その理念を継承してさらに拡大した出版活動を行っています。

練習は基本的に月2回、土曜日の午後に行われるので、定期的に参加することができるなら他の合唱団との兼団や遠方からの参加も可能です。

Twitter Facebook YouTube LINE@ メールフォーム
Twitter Facebook YouTube LINE@友だち追加 メールフォーム