富本泰成

東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業。
大学卒業後は発声を科学的な視点で研究するメソッドを、Vocology in Practiceの小久保よしあき氏、ヴォイトレ・マスター®️メソッドのMasayo Yamashita氏より学ぶ。
古楽演奏を花井哲郎氏、アカペラのハーモニー理論を犬飼将博氏に師事。
アカペラの演奏活動に特に力を入れており「ヴォーカルアンサンブル歌譜喜」「男声アンサンブル八咫烏」「女声アンサンブル八重桜」の3つの声楽アンサンブルを主宰している。

この記事だけを表示

国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻(ドイツ歌曲)修了。声楽を内木邦子、佐藤峰子、眞嶋美彌各氏に、合唱指揮を辻正行氏に、合唱指導を今井邦男氏に師事。髙田三郎作品の演奏について須賀敬一氏に薫陶を受ける。バッハ「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ」、モーツァルト「戴冠ミサ」「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、シュッツ「復活の物語」、ペルト「ヨハネ受難曲」などのテノールソロを務める。2016年、ドイツに招かれブランデンブルグ国立管弦楽団と共演。
現在、コンサートでのソリスト、桐朋学園大学にて嘱託演奏員を務める傍ら、中原混声合唱団、静岡大学混声合...

この記事だけを表示