2018年度のClamocordisは、Spiaとaedi東京(エディとうきょう)に加え、公募して興味を持つ方との合同という形式を取ることにしました。9月16日に行われる、東京都合唱コンクール・大学職場一般部門 混声合唱の部に出場予定です。本番の詳細は下記の通りです。コンクールまでの期間、一緒に歌ってくださる方を募集します。
※ 募集は終了しました。

===

指揮は、プロのアンサンブルグループとして活躍する3団体、「ヴォーカルアンサンブル歌譜喜」「男声アンサンブル八咫烏」「女声アンサンブル八重桜」を主宰している富本泰成さん。古楽アンサンブル「コントラポント」「Saicus Kammerchor」メンバーであり「ヴォーカルアンサンブル・カペラ」サポートメンバーでもある彼は、古楽に関する理解も深く、その見識に基づいてG1バードのAgnus Deiを課題曲として演奏します。

自由曲として演奏する曲の1曲目は、リトアニアの現代作曲家マルティナイティスがエレミヤ哀歌3:55のテキストをベースに作曲した、Karati šimcha Adonahi mibor tahtijot。2曲目は、2018年2月にSpiaとaedi東京が参加したジョイントコンサートで初演したばかりの土田豊貴さんの新曲「この朝の空は」です。「バルト三国の合唱曲と日本の若手作曲家の作品を演奏して紹介する」というSpiaの活動理念を踏襲しています。

公募は初の試みですが、今まで知られていなかった名曲と生まれたばかりの新曲を、優れた音楽家の指導の下で歌ってみませんか?5月と6月はSpiaとaedi東京のメンバーのみでの練習でしたが、非常に充実した練習ができました。是非このワクワクする経験を味わっていただきたいと思います!

本番の詳細:

2018年9月16日
第73回東京都合唱コンクール
文京シビック大ホール
指揮: 富本 泰成

曲名 作曲 作詩
G1 Agnus Dei (「Mass for Four Voices」から) William Byrd 典礼文
Karati šimcha Adonahi mibor tahtijot Algirdas Martinaitis 典礼文
この朝の空は 土田豊貴 R.タゴール 詩/山室 静 訳
練習・参加の詳細:

7月以降の練習予定:
7/22(日), 7/30(月), 8/4(土), 8/25(土), 9/9(日) +その他調整中(基本的に月2,3回)
練習場所:
東京都中央区、文京区、新宿区の公共施設
参加条件:

  • 月2,3回行われる Clamo 練習に基本的に参加可能なこと。
    (毎週月曜夜の aedi 練習、月2回土曜日の Spia 練習にも参加できます。追加負担はなし)
  • 合唱団・指揮者の目指す音楽作りに協調性をもって取り組んでいただけること。
  • 7月中、遅くとも8月中旬までには練習に参加開始できること。
  • 参加費は月2,000円+本番参加費(8月頃決定)。Clamocordis ゆうちょ銀行口座へ送金。

参加に興味を持たれた方は、下記のフォームからご連絡ください。追って担当者からご連絡差し上げます。
「Clamocordis 2018 コンクール公募」フォーム
(form.run という外部サイトに移動します)

追記:
2018年10月21日に新発田市で行われる「全国花嫁人形合唱コンクール」に、Spiaとaedi東京が参加します。そちらに参加する方も募集していますので、各合唱団の問い合わせフォームからご連絡ください。

問い合わせ先 QRコード
Spia
aedi東京